お金に困る事は誰にでもある

長い人生の中で、お金に困ったことがないという人の方が少ないでしょう。
お金に不自由がない家に生まれて、お金に不自由することなく大学にも行けて、そのままトラブルなしでいい就職を出来た。
そのまま何もトラブルがないままで、結婚し、そのままトラブルがないまま今に至っていると。
そう言う人もいると思います。

 

しかし、それには大前提があります。
上の文章によく出てきた言葉、「トラブルがない」ことが大前提です。
トラブルがなく過ごしている人間には、トラブルがない事が当然と思っているかもしれませんが、全員が全員トラブルがなく過ごせてきたわけではありません。
お金に関わるトラブルや、収入に関わるトラブルに見舞われた人というのは、聞き取りを行うと結構いるものです。
10人に聞いたら半数いるというわけではありませんが、私の印象だと、2,3人はいます。

 

トラブルがないまま生活できている人は、トラブルがない事が当然だと思っているかもしれませんが、そんなことはありません。
特にお金のトラブルなんて、周りには言いたくありませんから、周りの人は知らないわけです。
そうすると、周りの人はお金のトラブルがある人はそうそう存在しないという錯覚に陥るのです。
では、どんなお金に関する、お金に影響をするトラブルがあるのでしょうか。


お金に影響するトラブルとは

お金のトラブルとは借金だけではありません。
お金にまつわるトラブルを借金だけだと思っていると、世の中に、身の回りにそんなにないと思ってしまっても仕方ありません。
しかしそれは間違いです。
確かに借金で苦しんでいる人はいます。
しかし、その借金にも種類があります。
ろくに働かないで消費者金融でお金を借りまくっていた。
それにギャンブルがしたいために、方々からお金を借りていた、など
これらはなかなかいないでしょうし、蔑んでもいいと思います。
これらだけをお金にまつわるトラブルだと思っていたら、そんなに身の回りにはいませんよね。


普通の人でも負う借金もある

でも借金はそんなぐーたら人間だけに発生するわけではありません。
ちょっとお金にルーズな人が数年にわたってちょこちょこお金を使い続けると、そこそこの借金が出来上がっていたりします。
クレジットカードでよく起こります。
私もクレジットカードで買い物やキャッシングをしていましたが、常に限度額の20万円まで使い切り、3年ほど減らなかった覚えがあります。
なんとかしないとと思い、2年ほどかけてやっとゼロにしました。
たった20万と思いましたが、完済するのに2年もかかるのかと、借金の怖さを垣間見ました。

 

私は少しお金にルーズだったと思います。
働いていて毎月お金が入るわけだから、少しくらい使ってもいいと。
独身だったのでなおさらです。

 

たまたま限度額を低い方の20万円にしていましたが、これを50万円とか、もっと多く設定している人は、何年かしてこんな金額になっているのか、なかなか減らないどころか毎月増えてるじゃないかと、どこかで焦る事になると思います。
私の経験上、50万円以上のカードの借金を完済するのはかなり苦労するともいますよ。
なんせ、毎月給料では足りないような生活をしていたためにカードローンが出来たわけです。
つまり少なくとも借金を増やさないためには、いままでよりも生活水準を下げないといけないわけです。
さらに、借金返済のためにお金を出すには、さらに生活水準を下げないといけないわけです。
50万円以上の借金を返そうと思ったら、かなり今の生活水準を下げないといけないわけです。
これはなかなかきついです。

 

クレジットカードの残高と言っても、借金と同じです。
これに苦しんでいる人は結構多いですよ。
お金にかなりルーズなわけではないのです。
少々ルーズが何年も続くと、なかなか返せない借金を作ってしまうというこわさなのです。


まともな人の借金

ダメ人間の借金でもなく、お金に少々ルーズな人の借金でもない、まっとうな人間の借金というものもあります。
その代表格が、奨学金の返済です。
特に大学で起こりますが、経済的に厳しい家庭や、兄弟が多い家庭、仕送りが多くなってしまう場合、親が自立心を強く促そうとしている場合、そういった場合に、奨学金を利用することになります。
返済しなくてもいい奨学金もありますが、それは審査が難しく、奨学金の中でもごく一部です。
大抵の人間は返済義務のある奨学金です。
大体月5万円くらいの奨学金を受け取ります。
すると4年間で240万円という大きな金額になります。
その後就職がうまくいけば、月2万円返済したなら、10年で返せます。
しかし、今の時代、就職がうまくいくとは限らないのです。
就職できずにバイトを続けているという人も多いのです。
この場合奨学金返済はものすごい負担としてのしかかります。
最近では奨学金が返済できずに、自己破産をしたというニュースも聞きました。

 

自己破産してしまった方が楽なんじゃないかと考えたことがある人もいるかもしれません。
それに、少し調べてみると自己破産 デメリットといものは、さほどないんじゃないかと思始める人もいると思います。
しかし、自己破産は最後の手段です。
このサイトを読んでもう少し踏ん張ってみてはいかがでしょうか。
自己破産ギリギリどうかという人なら、このサイトのノウハウで延命できるはずです。