9、副業アフィリエイト 10、アフィリエイト広告の可能性

副業についてもう少しご紹介します。
今は副業をしやすい時代です。
なぜなら、インターネットが普及しているからです。
インターネットには稼ぐ手段が無数に存在しています。
身の回りでインターネットで稼いでいる人がいなくても、それは詳しい人がいないだけで、インターネットに詳しくなれば、稼ぐことは出来ます。
インターネットに詳しくない人は、インターネットで稼ぐと言うと想像もできないかもしれませんが、いくつか方法はあります。

 

その中でも最もやりやすいのがアフィリエイトです。
アフィリエイトとは、インターネットの成功報酬型の広告掲載の事です。
あなたのホームページやブログに、各企業の承認の広告を掲載して、その広告をクリックした人が、その先で商品を買った場合に、その数パーセントがあなたに報酬として支払われるというシステムです。
このアフィリエイトはかなり普及していて、アフィリエイトなくしては、各企業も広告が出来ないくらいです。

 

あのアマゾンや、ヤフオクもこのアフィリエイトを採用して、各アフィリエイター達に広告をしてもらっています。
そして売り上げの一部をそのアフィリエイターに払っているのです。
売り上げの一部を払っても、それでも売り上げが伸びるので、アフィリエイト広告は成立しています。
それ程宣伝広告と言うのは重要だという事です。

 

テレビCMや、新聞広告、ヤフーのトップページに広告を出そうとしたら、かなりの広告費がかかりますが、アフィリエイト広告なら、何種類かのバナー広告を作るだけで、掲載費は無料ですから、広告主としては非常に効率がいい広告なのです。
従来型の広告では、商品が売れようが売れまいが、広告費は払わなければいけなかったので、広告主は怖い部分もあり、広告費が出る大きな企業しか従来型の広告は出せませんでした。
しかし、アフィリエイト広告は初期費用がかからず、売れた時に初めて広告費として一部を払えばいいわけですから、小さい企業でも採用できるわけです。
こうしてアフィリエイト広告は一気に広まりました。


10、アフィリエイト広告の可能性

ですから、広告主からしたら出来るだけ多く自社のアフィリエイト広告を掲載して欲しいと思うわけです。 これは個人のホームページであってもアクセス数が多ければ、掲載して欲しいと思うものです。 広告主からしたら、個人のホームページを見つけてそこに自社広告を掲載してくださいと依頼していたのでは手間がかかります。 ですから、アフィリエイト広告に置いて、広告主と、広告を掲載するアフィリエイターを仲介する業者があります。 それをASPと言います。 このASPも今ではかなりの数出来てきました。 アフィリエイターはこのASPに登録すると、そこでいろいろなアフィリエイト広告を選ぶことが出来ます。 自分のサイトにあった企業や商品の広告を見つけて、それを自分のサイトに掲載するのです。 やる事はそれだけです。 あとはアクセス数を稼げば、毎月売り上げの一部があなたの収入になります。 アフィリエイトを副業で初めて、本業にした人もたくさんいます。 一度検討してみてはいかがでしょうか。
  • 2015/02/24 02:37:24